PC画像

若手目線

僕が半年で平社員からチームリーダーになるために実践した、たった3つのプロセス

更新日:

 

こんにちは。だいすけです。

わたくし、ブロガーになりたいと言いながら、

ただいま某会社にて部下を15人ほど率いるチームのリーダーをしております。

(体を壊して休職中ですが…)

ただ、初めからリーダーを希望していたわけではないんです。

体を壊して入院した後に元いた会社に復職したとき、部署を異動することになり

人に指図されるのが嫌になってきたので、異動もしたしこの際さっさと昇進してやろうと

思って狙って昇進しました。

(昇給とか、転職に使えるとか、他にも理由はいろいろありますけどね)

 

狙ってからは、半年掛からなかったと思います。

 

もともとそこまで有能な方でもなく、上司にも好かれず、同僚と愚痴ばっかり

言うようなタイプの人間だったのですが、”とある”行動を取るだけで

スピード昇進しました。会社は200~300人ぐらいの規模なので

そこまで大きくもなかったし、タイミングもありましたが

誰でも実践できることだと思うので

もし成果主義を謳う会社で昇進や大きな成果を出したい20代の人がいれば、

ぜひぜひ参考にしてみてください。

 

 

これだけやって僕はリーダーになりました。

自分は普段通り、仕事をするだけで大丈夫です。

だって、ただでさえ普段忙しいのにそれに加えて何かしろだなんて、絶対無理。。

ただ、何もしないと現状から変わることって結構むずかしいと思うので

 

会話の中身を1ヶ月に一度だけ、ちょっと意識して変えてみましょう。

 

それさえできれば、上司が勝手に仕事をしてくれます。

せっかくなので、普段何してるのかよくわからない上司に頑張ってもらいましょう!

過程はこんな感じです。

[flow] 上司に目標を伝える
[/flow] [sankaku][/sankaku] [flow] 上司の周りを囲む
[/flow] [sankaku][/sankaku] [flow] 上司にあなたを成長させなければいけない状況を作る
[/flow] [sankaku][/sankaku] [flow] 結果:上司はあなたを成長させざるを得なくなる
[/flow]

 

これだけです。

これを1ヶ月に一度するだけで大丈夫です。

これだけで昇進しました。(昇進の目的は上述)

具体的に何すんねん?って人は、続きをどうぞ。

上司ってなんのために存在するのか考えてみる

会話

上司の仕事は部下を育成することです。

育成した結果、部下が売り上げを大幅に達成したり昇進したりすれば

「正しく育成が出来た」ということで、あなただけでなくその上司の評価も上がるわけです。

よく、上司使えねぇ…と嘆いている人を見ます。あなたも実際思ったことがあると思います。

ですが、そういう人に限って上司に仕事を与えていないのです。

 

与えてやりましょう。どんどん仕事を増やしてやりましょう。

 

上司の仕事は部下に嫌われるだけでは足りません。あなたの面倒をみることです。

ちなみに僕は

[lnvoicel name="だいすけ"]お前、俺のために働けや。[/lnvoicel]

 

これぐらいの考えで上司と向き合ってました。性格悪いので…

 

 

それと、重要なのは

既にリーダーになっている=昇進欲が少なからずある(あった)

ということなので、この欲を上手に利用してやりましょう。

(あなたを育てると、あなたの上司も昇進の可能性が出ます!)

 

例えば、リーダーになりたいです。とか、ノルマ110%達成したいです。

とかを伝えましょう。具体的な目標であればあるほど良いです。

言えば言うほどあなたが上司に仕事を与えることができています。

 

どこでも言われていますが、自分の意見(昇進したいor目標達成したい)を言う。

これが大事…というか、必ずキッカケになります。

もしもあなたが売り上げ110%達成したいです。と目標を伝えて、

成功した場合:あなたと上司の評価が上がる。上司は更にあなたを成功させようとする

失敗した場合:あなたの評価は※現状維持orマイナス。ただし、上司の評価もマイナス。

※ただし、立場が低いほど成果以外にも「頑張った姿勢」は評価されることがあるかもしれません

 

ということなので、上司にはwant to~ を伝えるだけで大丈夫です。

後は上司の出方次第なのですが

もしあなたがその上司を仕事ができる人だと思うなら

積極的にもっと絡んでいきましょう。

 

もし無能だと思っているなら……言うだけで大丈夫です。

無能は放置です。放置。

上司に言うだけではダメ

会話

目標を上司に伝えて、上司にあなたを成長させる仕事を与えるというのが大事と伝えましたが、

それだけではダメです。

実は、上司に言うだけでは自分の思い通りに物事って進みません。

ですが、とある人にも目標を伝えることでグっと目標達成の

スピードが速くなる(上司を追い込みやすくなる)んです。

そんなあなたを間接的にお助けしてくれるメンバーは、

 

・採用面接を行っている人事(人事であれば誰でもいいです)

・上司の同僚(ただし、いつも上司と一緒にいるような人ではダメです)

・(可能であれば)上司の上司

 

この3人だけです。上司の上司は伝えれば最高なのですが、必須ではないです。

採用面接や育成を行っている人事(人事であれば誰でもいいです)

人事も人を育てるのが仕事です。成長したがっている人を無視すると

自分で自分の首を絞めることになるので、この人も巻き込んじゃいましょう。

上司の同僚(ただし、いつも上司と一緒にいるような人ではダメです)

上司を逃げられなくするための保険です。ここは必ず伝えるようにしましょう。

「あぁ、あいつ(あなたの上司)は君を育ててるんだね」

ぐらいに思ってもらえればOKです。

上司の上司

上司も人間です。上司が無能であれば無能な程、上に虚偽の報告をする可能性があるので、

あなたの上司が今何の仕事をしているのか、部下から何をお願いされているのかを明確に伝えて

ただしく理解してもらいましょう。

いい人そうに見える上司でも、もしかしたらあなたのことを報告していないかもしれません。

ここは認識のズレがおきないよう、自分の口からしっかりと

伝えておきましょう。

 

こんな感じで、上司の周りを固めて

あなたを育てなければいけない、という

状況を無理やり作りましょう。

この3人がモチベーション高そうな人であれば尚のこといいですね。

 

あなたの同僚には言う必要なし

あ、よく自分の直属の先輩とか、同期とかに大きな声で目標を言う人いますが

言いたくなければ言う必要ないです。

僕は言いませんでした。恥ずかしいし。

そしてそういう人ほどビッグマウスだったりします。もちろん、できる人もいますけどね。

 

 

【番外】チームメンバーと共通の認識を持つ

会話

昇進をゴールにするなら気にしなくていいのですが、

昇進した後のことを考えるとチームメンバーからの信頼が必要です。

これがないと、あなたはその辺によくいる

量産型ウザい上司

になってしまいます。

 

そうならないために、チームメンバーと仕事に関する共通認識を持っておきましょう。

例えば、

あの人むっちゃ仕事できるよね

この仕事は意味ないよね

今の仕事、絶対締め切りまでに終わらないよね

とか、なんでもいいです。

 

こういうふうに共通認識を持っておくことで、あなたがリーダーになったとき、

チームメンバーがあなたと同じ方向を向きやすい環境が自然とできています。

 

これができているのとできていないのとでは、マネジメントの成功率に

大きな差が出てくるように思いますので、

これを毎日日常会話の中で繰り返していきましょう。もちろん、自然にですよ。

いきなりこんなこと話しかけてくる会社の人いたら正直絡みたくないです。笑

 

後はあなた次第です

PCを触る

ここまで出来たのであれば、後はあなたが頑張るだけです。

頑張ると言っても、むちゃくちゃ仕事ができるようにならないといけないわけではないですが、

大前提として、

与えられた仕事ができない

口がいつもへの字になっている

 

みたいなことはないようにしてくださいね。

これじゃあただのビッグマウスです。

ここができない人はまずここをクリアしてください。

 

逆に言うと、これだけやればきっとうまくいきます。

ただし、続けることが大事です。がんばりましょう。

 

 

-若手目線

Copyright© DAISUKISM , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.