働き方

『どんな仕事も向いていない』と悩む人に伝えたい、原因と向いている仕事の探し方

若手社会人
職場の人から「この仕事に向いていない」と言われる。

何ができるのかを考えても、自分に向いている仕事が分からない……

だいぶ落ち込んでいるみたいだね。そんな君にアドバイスしよう
筆者

 

今回は、現職に向いていない・自分には能力がないと感じている方に向けて、自分に向いている仕事を見つける方法を解説していきます。

仕事ができないのは分かっているけれど、転職できるようなスキルもない・これからどうすればいいか分からないという方はぜひ参考にしてみてください。

今の仕事が向いていないと感じてしまう理由

若手社会人
先輩に仕事向いてないって陰口を言われているみたいで…
そもそも陰口を平気で言うような人がいる時点で問題だけれど、気にしているってことは自分でも何か思い当たる節があるのかな
筆者
若手社会人
はい……仕事に向いていないとは自分でもいつも思うんです。仕事をガッツリやりたい訳でもないし
仕事が向いていないと感じてしまうのには、大きく3つの理由があるよ
筆者

 

まず大前提として覚えておいてほしいのは、自分が無能であるということを認められることは大きく成長できる証と言えます。

本当に無能な人はそもそも自分が無能であることに気が付きません。あなたが落ち込み、悩んでいるということは、そういった本当に使えない人よりも一歩前を歩いており、状況を改善したい、今の問題を解決したいという気持ちがあるということです。

この気持ちの根本は、「もっと自分はできるはずだと思っていた」という理想と現実のギャップから生まれるものですが、今回はこのギャップが生まれる正体を3つ紹介していきます。

仕事が向いていないと感じる理由

  • 仕事でケアレスミスが多い
  • 仕事を覚えられない
  • 職場の人間関係が悪い
ひとつずつ見ていきましょう
筆者

仕事でケアレスミスが多い

細かいミスが多い、毎回違うミスを起こしてしまう、という悩みはない?
筆者
若手社会人
はい…!!自分では注意しているつもりなんですが…

ケアレスミスが重なると、自分の自信が喪失していきますよね。

特に、期待を背負っている若手にありがちです。1年目は許してくれていた先輩たちも2年目3年目となるとそうはいかず、徐々に愛想を尽かし始める頃です。

こういった周囲の冷ややかな視線や自信の喪失から仕事に対する意欲が失われて、「仕事に向いていない」と感じるようになるのです。

仕事を覚えられない

日に日に仕事が増えていくから、正直仕事って覚えられないよね
筆者
若手社会人
え?そうなんですか?周りは仕事を卒なくこなしているように見えるので、仕事を覚えられないのは自分だけだと思っていました
そう考える人は意外と多いみたいだね
筆者

 

決まったことを機械的に繰り返す仕事ではなく、柔軟な対応が求められる営業職や事務職・企画職などに多いのが「日々増えていく仕事を覚えられない」というものです。

仕事を覚えることができないということは結果として業務に時間を掛けてしまうわけなので、他の人よりも仕事の完了が遅くなり、残業が増えたり、家に帰っても仕事のことが忘れられない…といったことが増えてしまうのです。

 

若手社会人
ということはやっぱり、周りはきちんと仕事ができているんじゃないですか?
次の項目と合わせて読んでみるとその答えが分かるよ
筆者

人間関係が悪い

仕事が向いていないと感じる理由は、ほぼ全てが人間関係の良し悪しで決まると言っても過言ではないんだ
筆者

人間関係の悪さは、「仕事が向いていない」という問題だけでなく、「仕事に行きたくない」「もう働きたくない」といった働くことそのものに辛さを感じる大きな原因になります。

人間関係が悪いと、

人間関係が悪いと…

  • ミスすることに対して億劫になる
  • また失敗して冷ややかな目で見られるのでは、と思うと集中できない
  • 気軽に仕事を教えてもらえない
  • 悩みがあっても、相談できない(解決できない)

こういった問題が発生します。こんな状態ではどんな人でも良いパフォーマンスを発揮することができず、どれだけ優秀な人でも無能として扱われてしまいます。

 

逆を言うと、人間関係さえ良ければ上記のような問題は起きないから、「仕事に向いていない」と悩むようなことは無くなる、ということだね
筆者

 

ここでリクナビの転職理由と退職理由の本音ランキングを見てみましょう。

この調査では、人間関係に纏わる本音が退職・転職理由の全体50%を超えていることがわかります。

まずはこういったデータを元に、人間関係が転職や退職に大きな要因を与えている、ということを念頭に置いてみてください。

転職を検討する人は、日々の業務に不満や悩みがあるからこそ転職を考えるようになります。無数にある理由の中で50%を占めているのが人間関係、ということは、逆をいうと人間関係さえ良ければ今の仕事の悩みは解決されるのではないでしょうか。

 

たとえ自分が仕事ができるようになったとしても、今あなたに冷たい視線を向けている人は掌返しをすると思う?
筆者
若手社会人
そう言われると…職場では自分以外の陰口を聞いたこともあるし、綺麗事かもしれないけど、健全ではないと思います

自分に向いている仕事を見つける方法

若手社会人
これまでの内容は人間関係が取り上げられていましたが、人間関係が良いだけで僕の悩みは解決するのでしょうか…?
大前提として良好な人間関係は大切だけれど、それだけではダメだ。自分をしっかりと見つめ直して「自分に向いている仕事」を見つけることも大切だよ
筆者
具体的な方法を4つ紹介するから、ぜひ参考にしてみて
筆者
若手社会人
はい!

 

良好な人間関係を築き上げることと同じように、実際に今の仕事が自分にとって向いているか…つまり適職かどうかを自分で把握しておく必要があります。

適職でない場合は、何か手を打つ必要が出てきますので、自分の適職を見つける方法と、いざという時の対策方法について紹介していきます。

 

※職場の人間関係を改善する方法については、関連記事を参考にしてみてください。

今の仕事が向いているか見つめ直す

なぜ今の仕事が向いていないと感じるのか、をしっかりと自分で理解できていますか?

ただ漠然と「仕事に向いていない」という理由で部署移動や転職を検討しても、同じことを繰り返してしまう可能性があります。

 

というわけで、仕事に向いているかどうかを判断するためのチェックリストを用意しました。

※物事をフラットに判断できるように、しっかりとした睡眠を取った上で読み進めていただくことをおすすめします。

こんな方におすすめ

  • やりがいを感じない
  • 得意なことを活かせない
  • 時間を掛けても仕事を理解できそうにない
  • 今の会社に5年後も在籍したいと思わない
  • 絶対にやりたくない仕事と属性が近い(営業・接客等)
  • 職場環境が快適だと思わない

 

この中で3つ以上チェックがある場合、今の仕事はあなたにとって「やりたくない仕事」「向いていない仕事」である可能性が高いです。

チェックが3つ以上付いていない場合でも、「今の会社に5年後も在籍したいと思わない」にチェックがついている場合は要注意です。

自己分析して自分の本当にやりたい仕事を見つける

新卒の頃、企業に自己PRを行うために自己分析に勤しんだ方は多いのではないでしょうか。

社会人の場合、特に「転職を検討しているがやりたい仕事が分からない」という方が自己分析を行うケースが多いのですが、転職を検討していなくても自己分析をしっかりと行い、自分が本当にやりたい仕事は何なのか、を思い出すことは非常に大切です。

 

自己分析の方法は様々ですが、私の場合は現状と自分にとっての仕事の優先事項(心穏やかに働ける・多少労働時間が増えても給料が良い...等)をそれぞれメモやノートに書き出してみてその二つを比較してみたり、自己分析ができるアプリやツールを活用することが多いです。

やりたい仕事が見つかれば、対する絶対にやりたいくない仕事も見つかりますから、尚のこと、自分の考えを分析することは重要と言えます。

 

ここからは実際に私が活用している仕事に活用できる自己分析…適職を診断してくれるツールを紹介するよ
筆者

適職診断を使う

世の中には自己分析に関するアプリやツールが数多く存在しますが、その中で今回のように仕事に関する悩み(仕事が向いていないと感じる)がある場合は適職診断を活用して自分の向き不向きを客観的なデータを元に把握しておくことが大切です。

私が実際に適職診断を使っているときのスクリーンショットがありました。

特におすすめなのは、この画像のミイダスという無料診断サービスがおすすめだね。無料でかなりクオリティの高い適職診断や自己分析を行ってくれるんだ
筆者
若手社会人
見てみます!

ミイダスの詳細をみる

 

まとめ|どんな仕事も向いていない、と感じた時は客観的な自己分析を。

記事の内容をまとめるよ
筆者

まとめ

  • 仕事に向いていない、と感じるのは理想と現実のギャップが根本的な問題
  • ミスや仕事の覚えが悪いなどの問題の根本は人間関係が大きく関わっている
  • 今の仕事を見つめ直し、自己分析をすることが大切
  • 自己分析をしないまま異動や転職を行っても問題が再発する可能性がある
  • 自己分析すれば、自分のやりたい仕事や向いている仕事が見えてくる
若手社会人
参考になりました!

 

仕事の悩みは一日やそこらで解決するようなものじゃないから大変だと思うけれど、このサイトが快適な働き方を考えるきっかけになれば嬉しいね
筆者

 

    -働き方

    Copyright© DAISUKISM , 2021 All Rights Reserved.