20代転職

【ヤバい】会社で同期や先輩が辞めていく中で、貴方に起きる問題とは

投稿日:

どうも、だいすけ(@apainidia)です!

今回は、人がどんどん辞めていく会社に残り続けるとどうなるのか、という記事です。

 

なんか、人が最近どんどん辞めていくんだけど…
人が少なくなって、自分の仕事が増えてきたような気がする…

会社で人がどんどん辞めていくというのは、会社にとってもあなたにとっても、結構ヤバい状況です。

 

 

どういうことかというと、僕の経験上の話とよく聞く話をザっとまとめてみました。

 

人が辞めていくというコト

  • 若手(新卒)が辞め続ける会社は、上司や人事がまともに機能していない
  • 有能な先輩や上司が辞める会社は、経営が悪化していく
  • 人が少ない状況に残ると、良いことが一つ、悪いことが3つある
  • 人が辞めていく状況からは、いつでも抜け出せる準備をしておかないとヤバい

 

どういうことなのか、もう少し詳しく解説していきますね。

 

 

同期や新卒が辞めていく場合

若手である20代や新卒が辞めていくというのは、実は会社にとってはかなりの痛手なんですよね。

 

その理由は、会社が新卒で一人正社員を雇うだけでも採用活動や育成を合わせると何百万円というコストが掛かっているからです。

だからこそ、若手はどの会社でも基本的には大切に扱われるのです。

 

そして、大切な原石である若手を発掘するのに掛かったコストを回収するためには、少なくとも5〜6年はしっかりと働いてもらう必要があります。

 

 

その原石である若手を辞めさせるということは、会社にとって純粋に大幅な損失です。

 

 

辞めることを前提に大量に採用している企業もあるので一概に言えませんが、若手を辞めさせることは会社の上層部からすると若手の上司のミスと扱われることもあるため、会社側はみんな辞めさせないように必死に動きます。

 

 

それでも辞めてしまう若手が出てくるということは、もはや会社には若手一人を留める力すら失っているということです。

 

それがどういうことかというと、同じ若手やその直属の先輩などに一気に仕事の負担が掛かってくるということ。

 

つまり、今のあなたの仕事量に加えて、もう一人分の仕事を任される可能性があるということです。

 

今よりも仕事が増える覚悟をしておいた方がいいかもしれませんね…

 

先輩や管理職が辞めていく場合

新卒や若手が辞めるよりも気を付けて見ておいてほしいのが、仕事ができる先輩や管理職が辞めていく場合です。

 

僕も管理職側の人間で辞めた経験があるので分かるのですが、仕事ができる人が辞めていく会社は、既に状況が最悪なので遅かれ早かれ経営が悪化していきます。

 

仕事ができる人が会社を辞めるということは、その会社ではもうキャリアアップが出来ないと判断したということです。

そして、社員がキャリアアップが出来ないということは、まともな経営が出来ていないということです。

 

 

ちょっと話が逸れますが、普段真面目に仕事をこなしているような有能な先輩や管理職でも、必ず会社や上司に対する愚痴や不満は持っています。

 

不満を持ちつつも有能な人が仕事を辞めないのは、

 

  • キャリアアップがまだできると思っているから
  • 転職活動が面倒臭いから
  • 上司への不満がまだ我慢できるレベルだから

だいたいこのあたりの理由が多いです。

 

この時点でモチベーションは0に近い状態ですが、まだなんとかかろうじて会社で働けています。

 

 

ただ、そんな状態でも限界を超えてしまうと、有能な人はどんどん辞めていきます。

 

ここで気を付けてほしいのは、残った会社の上司や役員は、辞めていった人を容赦なく貶しますので、鵜呑みにしないこと。

 

前向きな理由で辞めていった人がいるのなら話は別かもしれませんが、

 

  • 会社(上司)との仕事に対する考えがズレていた
  • 経営方針が変わった
  • 理不尽な扱いを受けた
  • えこひいきが酷かった

 

会社と辞めた人の間で、このあたりが起きた可能性が高いです。

 

ちなみに、会社に残った上司達はこういう揉め事を隠すので、もしできるのであれば辞めた人から何があったのかを聞けるといいですよ。

 

人が辞めていく会社にあなたが残った場合に起きる問題

結論から言います。人が辞めていく会社に残ると

良いことが1つ、悪いことが3つ起きます。

 

 

メリット

  • 大幅な年収UPの可能性が出てくる

 

デメリット

  • 仕事がどんどん増え、ストレスが溜まる
  • 忙しくなり、まともな判断が出来なくなってくる
  • 自分では気付かないまま、社畜になってしまう

 

です。一つずつ詳しく解説していきます。

 

メリット|大幅な年収UPの可能性が出てくる

 

まず、良いこと。

それは、努力次第では次の査定で給料が大幅に上がる可能性があるということ。

 

上司からすると、辞めていく人が多い中で残ったあなたは

自分の言うことを分かってくれる、よき理解者

のポジションになります。

 

 

有能な人がどんどん辞めていく環境では、普段偉そうにしている会社の上司も実際には相当精神的に参っています。

 

その理由は、日々の業務に加えて人材の補充に力を入れざるを得なくなったり、

上司の更に上司から「どういうことだ!」と圧力を掛けられているからです。

 

 

そんな中で、あなたが上司に寄り添うと

「お前はいいヤツだなぁ」

と思われ、えこひいきされる可能性が高くなります。

 

その結果、次の査定で大幅な年収UPが見込めるというわけです。

 

 

ただし、これに気分を良くしていると、あなたも有能な会社員を辞めさせたサイドの人間になってしまうほか、現場の人たちから嫌われることもあるので、あまり大きな顔をしてはいけません。

 

デメリットその1|仕事がどんどん増え、ストレスが溜まる

人が居なくなってしまった場合、会社がする行動は

 

  • 新しい人を採用する
  • 今いる人たちでなんとかしようとする

この二つです。

 

 

新しい人を採用すると仕事は増えないんじゃないの?

 

と思うかもしれませんが、そこは落とし穴なんですよね。

 

なぜなら、新しい人は仕事を覚えるまでにどれだけ早くても1ヶ月ぐらいは時間が必要だし、そもそも新しい人がきたところでその人が仕事ができる保証はどこにもありません。

 

 

会社の上司はそのリスクを恐れた場合、新しい人の採用をしばらく見送る可能性がありますが…

 

そうなると最悪です。

 

 

なぜなら、その仕事はあなたのような、会社に残った人たちに割り振られることになるからです。

 

よし!人が少なくなったから仕事も減らそう!

 

残念ながら、会社は↑のような考えをしてくれません。

 

もしそういう対応をしてくれる会社なのであれば、そもそも優秀な人は辞めていきません。

 

そうやってどんどん仕事が増えていき、あなたのストレスが日に日に増していきます。

 

デメリットその2|忙しくなり、まともな判断が出来なくなってくる

人が少ない状況で仕事が忙しくなると、残業も増えてきてストレスがどんどん溜まっていきます。

 

優秀な先輩や上司がいないので仕事を手伝ってもらうこともできないですし、同期や若手が居なくなれば愚痴を言い合えるような仲間もいなくなります。

 

そうやってどんどん仕事に対するモヤモヤを自分の中に抱え込んでいると、物事に対して正常な判断ができなくなっていきます。

 

残業は当たり前、仕事も頑張って当然。プライベートで時間が取れないのはしょうがない……

 

 

忙しいときにはついこう思いがちですが、

実はこれ、まともな判断が出来ていない典型的なパターンです。

(実際に僕がそうだった)

 

 

世の中には、残業しなくていい会社なんて山ほどあるし、プライベートと仕事の両立がしっかり出来ている人たちは大勢います。

(そうじゃなければ、日本崩壊しちゃいますw)

 

 

一回夕方の6時ぐらいに会社を出てみてください。

 

定時で仕事を終わらせたサラリーマン達が大勢いると思います。残業が定常化してしまっている会社は、はっきり言って異常です。

 

確かに、会社員は辛いです。

 

辛いですけど、身を滅ぼすぐらい辛い思いをする必要は全くありません。

 

その判断をどうか見誤らないでほしいと思います。

 

デメリットその3|自分では気付かないまま、社畜になってしまう

仕事が増え、ストレスを抱え、正常な判断が出来なくなった先にあるのは判断力を失った社畜になるという悲しい未来だけです。

 

有能な人がどんどん辞めていく中で、会社側はどんな手を使ってでも今残っている人を残そうとしてきます。

 

少し前まで厳しかった上司が急に優しくなったり、なぜか待遇が良くなったりするのも、あなたを逃がすまいという考えの元で動いているだけで、決してあなたを正当に評価しているわけではありません。

 

 

もし、このデメリットを読んで

 

あ、もしかして自分ヤバいかもしれない…

 

と少しでも思ったのであれば、会社の方針や上司の発言にはいつも気を付けながら仕事に取り組むようにしてください。

 

最後に、そんなヤバい状況を抜け出すたった一つの方法をお伝えしますね。

 

危険な状態を回避するには、いつでも転職できる準備をしておくこと

結論から言います。

 

人が辞めていく中であなたができる最善の方法は、転職です。

 

仕事ができる人が辞めていくというのは、はっきり言って異常です。

 

 

 

だからこそ、本当にヤバくなる前に、できるだけ早い転職をおすすめしたいのが正直なところです。

(人が少なくなってくると、どんどん辞め辛くなっていきますからね)

 

ただ、転職って結構やるべき事が多いし、急に今の会社を辞めることなんてできないし、すぐに転職しろ!なんて言われても難しいですよね。

 

実際に僕も転職活動をしたことがあるので分かりますが、転職活動中は今の会社の仕事との両立をしないといけません。

 

これが、結構大変なんです。

 

 

でも、そんなあなたにオススメの方法があります!

 

それは、転職サイトに登録しておいて、いつでも転職できる状態を作っておくということ。

 

転職サイトに登録するのは無料ですし、どんな求人があるのか眺めるだけでもなんだか楽しい気分になってくるものです。

 

新卒の頃、就活でリクナビやマイナビを使ったとき、

求人を見ながら理想の生活を送る自分を想像しませんでしたか?

 

 

そんな感じで、今より残業が少なくて年収も増える会社に転職して、自分の趣味だったり、やりたいことにお金と時間を掛けられる生活をイメージすると、なんだかワクワクしてくるので、朝が辛い時でも憂鬱な気分は一気に晴れますよ👍

 

 

僕がおすすめする転職サイトは、やはり最大手のリクナビNEXTです。

 

新卒の頃に使った人も多いと思いますが、リクナビNEXTは転職大手サイトの中でも求人の数がダントツで多いので、必ずあなたに合った求人と出会うことができます。

 

完全無料なので、ぶっちゃけ今すぐ登録することをオススメします!

 

 

 

自分の好きな仕事ができて、

朝の憂鬱から解放される生活を送りたいあなたは今すぐ登録

【完全無料】リクナビNEXTに簡単登録

 

リクナビNEXTは、完全無料で

使えるオススメの転職サイトです。

 

(20代の方限定で、

20代専用のリクナビNEXT公式ページを準備しました)

 

追記:(20代じゃない人からも沢山要望があったのでページを探しておきました!リクナビNEXT公式ページからどうぞ)

 

まとめ|人が辞めていく会社に残り続けるのは危険

この記事では、人がどんどん辞めていく会社に残り続けるとあなたにどういうことが起きるのかを紹介してきました。

 

既に紹介しましたが、人がどんどん辞めていく会社に残っていてもいいことはありません。

 

唯一良いことだと思われるのが、えこひいきによる年収アップの可能性があるということ。(確定じゃなくて、可能性ですからね)

 

そんな状況に長い間居続けるとどうなるかは、現実から目を背けずにこの記事をここまで読むことができた賢いあなたなら分かると思います。

 

有能な人はもうその状況から抜け出しました。

そんな人たちに続いて、できるだけ早いタイミングであなたも辛い状況から抜け出してほしいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。だいすけ(@apainidia)でした!

-20代転職

Copyright© DAISUKISM , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.