20代転職

【元ゲームプランナーが語る】20代未経験でゲーム業界に入る方法とは?

更新日:

どうも、だいすけ(@apainidia)です!

 

ゲーム業界で働きたいんだけど、どうすればいいの?
未経験でも採用されるってホント?

 

こういった悩みを抱えていませんか?

 

結論から言うと、20代未経験でゲーム業界に入ることは可能です。

僕が実際に銀行職からゲームプランナーに転職したので、間違いありません。

 

では、一体なぜ僕が20代未経験でゲーム業界に入れたのか?

 

この記事では、僕がゲーム業界に入った方法と、実際に20代未経験でゲーム業界に入るためには具体的に何をすればいいのかを合わせて紹介します。

 

それと参考程度ですが、こんな人に来て欲しい!というゲーム業界側からの意見もこの記事で紹介しますね。

 

そもそも20代未経験でゲーム業界に入ることはできるのか?

最初にもお話しましたが、未経験でゲーム業界に入ることは可能です。

具体的なお話をする前に、大前提となる話を3つだけさせてください。

 

未経験で転職は可能だけど、しっかりと対策をする必要がある

1つ目がこれ。

 

先ほども言いましたが、未経験でゲーム業界に入ることは可能です。

 

ですが、対策はかなり入念に行う必要があります。

 

 

実際に僕がした対策をこの記事の下の方で詳しく紹介しているのですが、転職エージェントを使わなければ転職は不可能だと思ってください。

 

僕も転職エージェントを使って転職できたので、まずはゲーム業界の転職に強い転職エージェントに登録しましょう。

 

ーム業界で働く僕がおすすめする無料の転職エージェントはこちら👇

 

Geekly無料登録

 

未経験歓迎!は20代のことだと思っていい

2つ目がこれです。

 

経験者の転職が多いゲーム業界に未経験を受け入れるということは、企業にとってリスクもあります。

 

では、なぜ未経験を募集するのか?

 

それは、新しい発想力や20代のフレッシュさが欲しいからです。

 

転職者が多いということは、裏を返せば若手が少ないということ。

(実際、ゲーム業界は流れが激しいので若手が求められています)

 

ゲームにもよりますが、ユーザーは1020代の割合が圧倒的に多いので、ユーザーと同じ目線を持つ未経験の若い人の意見はかなり参考になります。

また、未経験でも業界に飛び込んでくる熱意や行動力がある人は入社した後の仕事でも活躍する人が多いです。

 

こんな具合に、未経験を採用するのにはしっかりとワケがあるので、リスクを負ってでも未経験者を採用したいという企業が増えてきているんですね。

 

【現場の本音】未経験で来てほしい人の特徴

企業によって細かい違いはありますが、来て欲しい人の特徴はどの会社も基本的に同じです。

 

それは、

 

  • ユーザーの目線と、製作者の目線両方を持てる人
  • クオリティにこだわる人
  • ゲームが好きな人

 

です。

製作者の目線ってなんだ?と思う方がいるかもしれませんが、あなたが好きなゲームをプレイしているとき

 

もっとこうしたら面白くなるのに
もっとこういう機能作って欲しいな…

 

こんな風に思うことはありませんか?

 

ずばり、その考えこそが製作者の目線です。

 

ゲームの製作者は

 

  • どうすれば面白くなるのか
  • どうすればユーザーが喜ぶゲームを作れるのか

 

これを常に考えています。

 

好きなゲームを遊ぶ時、今よりそのゲームを面白くするにはどんな機能を追加すればいいかを考えながら遊んでみてください。

 

きっと、あなたにしか気付けないところが見つかるはずです。

 

企業が欲しいのはその考えです。

 

また、最近は求められているクオリティは日々高くなっているため、クオリティにこだわってゲームを作れる人に来て欲しいと考えるゲーム会社がほとんどです。

 

この辺の考えはゲームを実際に遊ばないと気付けないことばかりなので、ゲームが好きなことは採用の大前提と言っていいでしょう。

 

色んなゲームを満遍なく遊ぶ人も大歓迎ですが、それよりも一つのゲームやジャンルを極めている人なら良い意味で目立つでしょうね。

 

寝てるとき以外はモンハンをしてるとか、弐寺で冥をクリアできるとか、ぷよぷよの対人戦で15連鎖できるとか、FF10で全キャラ限界突破+7曜の武器所持してるとか、なんでも良いんで有名なゲームをやり込んだ経験を語れるとそれだけで十分採用されやすくなります

 

実際僕のチームにもそういう人が来てくれたら嬉しいんですけど、誰かいませんかね?笑

 

実際に未経験20代でゲーム業界に就職する方法

では、実際にゲーム業界に入るにはどうすればいいのか?

具体的な手法をお話します。

 

未経験20代でゲーム業界に入る手順

  • ゲーム業界に強い転職エージェントに相談する
  • 未経験でも、必ず作品を作って企業に提出
  • 徹底的に行きたい会社のゲームをやり込む

 

これだけでOKです。

 

では、詳しく説明していきますね👇

 

ゲーム業界に強い転職エージェントに相談する

未経験であれば、必ず転職エージェントに相談しましょう。

ただし、闇雲に転職サイトやエージェントに登録しまくればいいというわけではなく、ゲーム業界に強い転職エージェントに登録して相談することが大切です。

 

ゲーム業界に強いGeekly

 

マイナビやリクナビなどの求人数が多い転職サイトは一見見栄えがいいですが、幅広く求人を持っている代わりに業界に特化した対策を取ることが難しいと言われています。

 

(とは言ったものの、マイナビやリクナビは自己診断ツールがむちゃくちゃ使えるので、自己診断は済ませておきましょう)

合わせて無料登録

第二新卒の転職で必ず使うべき自己診断ツール5選

どうも、だいすけ(@apainidia)です!   転職したいけど、自分に向いてる仕事ってなんだ? 診断サービスはどれがおすすめ?   特に第二新卒や既卒で初めて転職するときには自 ...

続きを見る

 

話がそれましたが、ゲーム業界に特化したエージェントであれば

 

  • 行きたい企業に応じた対策
  • 個別での面接対策
  • 年収や就労条件などの具体的な交渉

 

これらを全て安心して任せられるので、自分の作品を作る時間やゲームのやり込みに時間を割けることができて有利です。

 

 

では、実際にどのエージェントに登録すればいいのか?

 

先ほども紹介しましたが、実際にゲーム業界に転職した僕から見ておすすめの特化したエージェントはGeeklyです。

 

Geeklyは、ゲーム業界にかなり強い転職エージェント。

 

そして20代の未経験者への転職サポートがかなり充実しているので、まずはここのエージェントと無料面談して相談してみてください。

 

Geeklyに無料登録してみる

 

合わせて読みたい

未経験20代でもゲーム業界に入れる転職エージェントなら、Geekly(ギークリー)一択!

どうも、だいすけ(@apainidia)です!     未経験だけど、ゲーム業界で働いてみたい… 今の会社で働きたくない… 自分の好きなことを仕事にしたい!   この記事 ...

続きを見る

 

未経験でも、必ず作品を作って能力と熱意をアピール

未経験で作品を作ることは、転職エージェントに登録するのと同じぐらい、企業によってはそれ以上に大切になります。

 

未経験者の採用は企業的にもリスクを伴うので採用も慎重になりますが、作品を作って提出すると自分の能力を効率的にアピールすることができます。

 

アピールできるポイント

  • 何が作れるのか
  • どういった考えを持っているのか
  • 熱意(超大事)

 

例えば僕の場合プランナー志望だったので、プランナーに必要だと思ったスキル

  • ゲームはどうすれば面白くなるのか
  • ゲームをビジネスと捉えられているのか
  • 他職種の仕事内容の理解

 

これらを最大限に伝えるために企画書を会社に提出しました。

 

(実はまだこれ大切にデータ保管しているので、せっかくだし要望多かったら企画書公開してみようかな…見たい物好きな人がいれば気軽に連絡ください。笑)

 

未経験プランナー志望の人に完璧な企画書を提出しろ、とは言いませんが、形にすることは大切です。

 

少なくとも今考えていることや熱意は十分に伝わるので、自分なんて絵も描けないしコードも書けないし…と思うのではなく、クオリティは低くてもいいので全力で作品を作りましょう。

 

それと、僕の場合は暑苦しいぐらい熱意を伝えたかったので、プランナー職ですがUnityで簡単なゲームも作りました。

 

実はいうと、これがかなり効果的だったことが後で会社の採用担当から教えてもらえたんです。

 

なので、プランナー志望の方でもUnityでゲームを作ることを全力でおすすめします。

(cocosとかでもいいんですけど、難しいしトレンドじゃないんでね、Unityなら間違いないです)

 

実際、ゲームを作ったことは評価されたので実践して良かったと思っているのですが、

 

僕は独学でUnityを勉強した分かなり時間を無駄にしてしまいました。。

 

(本を読みながらでも、1時間で終わることを2日掛けるぐらいw)

 

 

 

今思うと、誰かに教えてもらえると企画書制作や他の企業対策などに集中できたはずなので、もっと早く内定は出ただろうな…と思います。

 

ですので、もし僕のようにUnityのゲームを提出する方はプログラミングスクールで教えてもらうことを強くおすすめします。

 

簡単なゲームであれば、おそらくある程度の知識さえあれば作成に1日掛からないでしょう。

 

 

おすすめのプログラミングスクールについても今週記事をアップしますので、お楽しみに💡

徹底的に行きたい会社のゲームをやり込む

 

未経験者に企業が求めているものは、実践的なスキルよりも熱意や行動力といったやる気の部分です。

先ほど作品を作ることが熱意や行動力のアピールにつながると言いましたが、それと同じぐらい大切なのは

 

応募した会社のゲームをやり込むこと。

 

面接や企業対策に気を取られてついつい忘れがちですが、とても大切です。

 

  • スクウェアエニックスならFINAL FANTASY
  • SEGAならぷよぷよ
  • バンダイナムコならアイドルマスター

など。

可能であれば有名なタイトルやトレンドのゲームだと採用担当者の共感も得やすいです。

 

また、応募した会社のゲームとライバル会社のゲームを比較してみましょう。

比較した上で、応募した会社のゲームの優れているところと劣っているところを面接でしっかり語れるようになるのが理想です。

 

RPGを作りたいのなら、最近勢いのあるペルソナシリーズと比較してみる…とか、音ゲーを作りたいのであればデレステやノスタルジアと比べてみる…など。

 

劣っているところを伝えるなんて悪印象かも…と思うかもしれませんが、むしろ好印象です。

 

細かいところを比較している方が実際にゲームがどれぐらい好きなのかも分かりやすく、競合と比べるというビジネス目線でゲームを見れていることで評価はプラスに繋がります。

 

ゲーム業界の転職活動はゲームをやり込むこと…なんだかゲームをしていると遊んでるみたいですけど、しっかりした転職活動の一つなのでご安心を。(遊ぶ時は、さっき話したどうすれば面白くなるのか、の考え方を忘れずに💡)

 

20代未経験のゲーム業界転職希望者からよく聞かれる質問3選

未経験でゲーム業界に転職したいという方から寄せられる質問のなかでも、特に多い質問と、回答をまとめました。

 

 

1.コンシューマーとソーシャル、どっちがオススメ?

まずはソーシャル。(ソシャゲ)

できればソーシャルメインでコンシューマーにも力を入れる予定のある会社がいいでしょう。

 

ここ数年はコンシューマーの勢いが弱いと言われていたことからソーシャルを勧めるエージェントも多かったのですが、Nintendo Switchの普及によってコンシューマーが急速に息を吹き返していることは業界の中でも有名です。

 

また、ソシャゲについてもコンシューマー顔負けのクオリティを持つゲームがどんどん出てきているので、一時期に比べて勢いは落ち着いていますがスマホが世の中に存在する限り、ソシャゲがなくなることはありません。

 

いきなりコンシューマーメインの会社に入ることは難しいのですが、ソーシャルからコンシューマーに入ることはそこまで難しいことではありません。今後Nintendo switchの普及でコンシューマー業界も元気になっていくので、ソーシャルをやりつつコンシューマーに関われる機会を伺う…というのもおすすめです。

 

2.ゲーム好きじゃないと採用されないってホント?

8割ホントで、2割はウソ。

 

会社によりますが、ゲーム好きの方が採用される確率は高くなります。

 

好きこそものの上手なれ

と言いますが、やはりゲームが好きな人の方が圧倒的にアイデアの引き出しが多く、ゲームをやったことがない人と比べると優秀且つ活躍している人も多いです。

 

凄腕のエンジニアや圧倒的な画力を持つデザイナーであればゲームが好きでなくとも入社できる可能性はありますが、僕ならゲームが好きじゃない人は採用しません。(採用に関わっても、書類で落とす)

 

3.デバッガーのアルバイトから正社員になれるの?

かなり厳しい道ですが可能性はあります。

 

デバッガーの多くはアルバイトや派遣社員です。

 

そんなデバッガーが正社員になるには

  • デバッグリーダーになる
  • デバッガーからプランナーになる

などが主流ですね。

 

 

デバッガーの仕事内容は、

 

・バグが無いかのチェック

・設定通りにゲームが動くか

 

この2つがメイン。

 

仕事内容をもうちょっと詳しく言うと、デバッグの仕事をするときには必ずデータの作成者からバグチェック表をもらいます。

 

その際、多くのデバッガーはチェック表の項目のみをチェックするのですが、経験を積んでチェック表だけでは分からないようなバグチェックなどができるようになると、デバッグリーダーとして正社員雇用の可能性は高くなります。

 

ただし、デバッグを担当するゲームについてかなり詳しくなる必要があるため、中長期的な目線で考えた方がいいです。

 

 

それと、デバッガーからプランナーになるには、プランナー顔負けの企画案を常にアウトプットしないといけません。

これ、一見簡単そうに見えますがかなり難しいので、プランナー職を希望しているのであればデバッガーとして気軽に業界に入るのではなく、プランナーで入社したほうがいいです。

 

20代未経験でもゲーム業界に転職できます。ただし対策必須!

 

最後にまとめとして、20代で未経験でもゲーム業界に転職することは可能です。

 

未経験の場合、若ければ若いほど採用率は上がりますので、思い立ったらすぐに転職活動をするべきです。

 

その際、必ず転職エージェントを使わいと内定が出ることはほぼ無いので、必ずエージェントとしっかり話をして、最短距離で内定を獲得できるようにしましょう。

 

ゲーム業界の転職に強いエージェント

 

 

未経験でも僕みたいに必ず転職できるので、頑張りましょうね。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。だいすけ(@apainidia)でした!

気になるところで答えられるところはお話できますので、お気軽にお問い合わせ / TwitterでDMいただければと思います( ´ ▽ ` )

-20代転職

Copyright© DAISUKISM , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.