20代転職 ゲーム業界

【ゲームプロデューサーが語る】ゲーム業界の転職におすすめの転職エージェント5選

更新日:

僕は銀行からゲーム業界に転職して、今はコンシューマーゲームのプロデューサーをしています。

今回は、未経験、経験者問わずゲーム業界に転職するときにおすすめのエージェントを紹介していきますね。

 

エージェント紹介の後には転職ノウハウも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね
だいすけ

 

【1位】ゲーム業界特化型の転職エージェント|『Geekly』

Geekly

ゲーム業界を始め、IT / WEB業界の転職支援に特化したエージェント。

ギークリーは大手エージェントと変わらない求人数を持つのが特徴です。また、少人数で運営されているエージェントなので、一人一人に徹底的にサポートをしてくれるのも大きな特徴の一つ。コンシューマーゲームだけでなくソーシャルゲームにも強いギークリーは、ゲーム業界に入るためにもっともオススメのエージェントと言えます。また、エージェントのゲームに対する知識がスゴいのでおすすめです。

 

ゲーム業界と言えばGeekly(ギークリー)

とネットで評判になっているほど、ギークリーは特化型のエージェントとして非常に優秀です。

経験者だけでなく、未経験でも手厚いフォローをしてくれるので安心して転職活動のサポートをお願いすることができます。

 

ゲーム会社に転職したい人はこちら

Geekly公式サイトはこちら

 

ギークリーの面談体験記はこちらから
だいすけ

【2位】ソーシャルゲーム業界に強い転職エージェント|『ワークポート』

ワークポート

エージェントの専門知識が高いため、専門職であるプログラマー / エンジニアを目指す方はもちろん、ゲーム業界を目指すなら間違いなくこのエージェントを使うべきです。

特化型エージェントとしてはかなりおすすめですが、完全未経験にちょっと厳しいのである程度既にプログラミングができる方向けになります。

 

ワークポートは元々ゲーム業界やIT業界の特化型エージェントでしたが、最近は総合型エージェントの中としても知名度が上がってきています。

 

実際に使ってみたところ、コンシューマよりもソーシャルゲームの求人が多い印象を受けました。

特化型ではありませんが、転職支援の実力は申し分無いので、是非使いたいエージェントです。

 

ソシャゲを作りたい人はこちら

ワークポート公式サイトはこちら

 

ワークポートの使用体験記はこちらからどうぞ
だいすけ

【3位】知識豊富な転職エージェント|『レバテックキャリア』

レバテックキャリア

エージェントの専門知識が高いため、専門職であるプログラマー / エンジニアを目指す方はもちろん、ゲーム業界を目指すなら間違いなくこのエージェントを使うべきです。

特化型エージェントとしてはかなりおすすめですが、完全未経験にちょっと厳しいのである程度既にプログラミングができる方向けになります。

 

ゲーム業界のプログラマー / エンジニアを目指す方にとっては最高のエージェントです。

 

レバテック自体がエンジニアやプログラマーに強いエージェントですが、業界特化型のエージェントなのでプランナーやクリエイターでも十分役に立つエージェントで、おすすめできます。

正社員だけでなく、契約社員や業務委託の求人紹介にも優れているため、シナリオライターやイラストレーターにもおすすめのエージェントです。

 

ゲームエンジニア志望の方はこちら

レバテックキャリア公式はこちら

【4位】 大手ゲーム会社を目指すなら|『マイナビクリエイター』

⭐⭐⭐⭐


転職業界の大手であるマイナビグループが運営している転職エージェントなので、非常にサポートのレベルも高く、安心して任せることができます。

 

実際に僕も使いましたが、非常に優秀なエージェントが対応してくれて、とても好印象を受けました。

 

企業側も、「マイナビが紹介してくれる人材なら採用しても大丈夫だな」となるわけです
だいすけ

 

また、MATCH BOXというポートフォリオを無料で作ってくれるサービスがあるので、デザイナーやイラストレーター志望の方はGeeklyよりもマイナビクリエイターのほうがおすすめです。

 

大手で働きたい人はこちら

マイナビクリエイター公式はこちら

 

評判をまとめてみた

【5位】ゲーム業界に転職するか悩んでいる人に|『doda』

⭐⭐⭐

10万を越える求人数を保有する『doda』もおすすめの転職エージェントです。

dodaが取り扱う求人はゲーム業界の求人だけではなくあらゆる業界の求人を保有しているのが特徴で、

  • ゲーム業界で働こうか悩んでいる
  • 他の業界や職種と比べてみたい
  • そもそも転職しようかどうか悩んでいる

こういった方に最もオススメできる転職エージェントです。

 

それぞれの業界に精通したエージェントが在籍しているので、どんな仕事についてでも詳しく話を聞くことができますよ。

 

他の業界も気になる場合はこちら

doda公式サイトはこちら

 

st-kaiwa5 r]dodaの面談体験記はこちら[/st-kaiwa5]

【番外編】上級者向け|JACリクルートメント

経験者で、あなたが管理職の経験があるのなら『JACリクルートメント』は最もおすすめの転職エージェントです。

  • プロデューサー
  • ディレクター
  • エンジニアリーダー
  • アートディレクター
  • チームリーダー
  • マネージャー

あなたがもしこれらの肩書きを持っている(経験がある)なら、ゲーム業界の中でもハイクラスな求人にエントリーすることが可能です。

 

JACリクルートメントは、そういったハイクラスの求人の対応が非常に上手く、高待遇な求人、キャリアアップ等、幅広く経験者をサポートしてくれます。

 

キャリアアップを目指すならこちら

JAC公式サイトはこちら

ゲーム業界に転職するには転職エージェントが必須

ここからは、転職に関するノウハウを紹介していきます。

 

だいふく
そもそも、転職エージェントを使わないといけない理由ってあるの?
確かに気になるよね。そしたら、まずは理由を紹介するところから始めるね
だいすけ

 

転職エージェントを使うべき理由

  • 非公開求人への応募
  • エージェントしか知らない、企業のマル秘情報の共有
  • エージェントがあなたを企業にアピールしてくれる
  • 面接対策や模擬面接を行ってくれる
  • 履歴書 / 職務経歴書の作成を手伝ってくれる
  • 年収交渉や条件の交渉なども全て行ってくれる
  • 完全無料

 

転職エージェントを使わないと、この内容を全て自分一人でやらないといけないんだ。普段忙しいから転職活動には時間をあまり掛けられないし、そもそも面倒臭すぎると思わない?
だいすけ

 

だいふく
た…確かに。。
それを全部無料でやってくれるんだから、転職エージェントは超便利なんだ
だいすけ

 

その他にも、ゲーム業界が未経験な人と経験のある人それぞれに転職エーゼントを使う理由があるから、紹介するね
だいすけ

 

【未経験】ゲーム業界に転職するために転職エージェントを使う理由は?

だいふく
求人サイトを見ていると、経験者じゃないと応募できない求人ばっかりむきゅね…
確かに、ゲーム業界の求人は経験者向けが多いよね
だいすけ

 

だいふく
未経験の人は、どうやって転職すればいいむきゅ?
やることはすごくシンプル。世の中に出ていない、非公開求人に応募すればいいんだ
だいすけ

 

転職サイトを見ていると、ほとんどの求人が

「ゲーム業界で3年以上の実務経験を有するもの」

などの条件を設けているため、なかなか未経験で応募できる数が少なくてついつい諦めてしまいがちです。

 

未経験可能な求人があっても、公開されている求人には経験者も応募するので、企業が未経験者を取る可能性は少ないでしょう。

 

未経験者可っていうのは、「未経験者でもいいけど、経験者が欲しい」っていう意味も含まれているんだ
だいすけ
だいふく
ぐぬぬ……

 

未経験者には厳しい現実かもしれません。。

実際僕も、未経験のときはなかなか自分に合う求人が見つからず、苦労したのを覚えています。

 

ただ、それは転職サイトに限っての話。

転職エージェントを使えば、未経験者でも転職可能な求人が沢山あります。

 

だいふく
どういうことむきゅ?
転職エージェントが取り扱う求人は、転職サイトと違って非公開求人、という一般の人が見れない求人がほとんどなんだ
だいすけ

 

その非公開求人には、未経験者優遇の求人や、経験者も未経験者も平等に扱ってくれる求人が数多く存在するよ
だいすけ

※ちなみに、だいすけは転職エージェントの非公開求人で未経験ながらに某大手のゲームプランナー(正社員)で転職しました

 

だいふく
なるほど。だから未経験者は転職エージェントを使うべきなんだね!
そういうこと!
だいすけ

 

経験者は必ず転職エージェントを使うべきではない!?

だいふく
ゲーム業界で働いた経験のある人は、転職エージェントを使わなくても転職できるの?
「使わなくてもできるけど、使ったほうが良い」が正しいね
だいすけ

 

既に10年近い経験がある場合や、突出したスキルを持っている場合、転職エージェントを使わずに企業に直接応募をしたり、リファラル(紹介や引き抜き)で転職する人もいます。

 

…が、転職に慣れている人や自分の経歴に絶対の自信がある人以外はおすすめできません。

 

その理由が、こちら▼

 

転職エージェントを使うべき理由

  • ゲーム業界は公開されていない求人が8~9割
  • 通年募集している会社は、採用基準が非常に高いorブラック企業が多い
  • 年収交渉、残業代が出るか等の確認は全て自分でしないといけない
  • 面談の日程調整、履歴書や職務経歴書の作成は自分一人で行わないといけない
  • エージェントの紹介が無いと、経験者でもゲームジャンルが違う場合、書類の段階で落とされることが多い

 

エージェントを使わないと、このハンデを背負って転職活動をしないといけないよ
だいすけ
だいふく
な…なかなかにハードむきゅね…

 

 

幾つか理由はあるけれど、なによりゲーム業界の求人は非公開求人がほとんどだから、エージェントを使わないと申し込めない求人がほとんどなんだ
だいすけ
だいふく
つまり、ゲーム業界で転職したいときは、経験がある人も未経験の人も転職エージェントを使わないといけないってことむきゅね

 

\一番おすすめのエージェント/
Geekly公式サイトはこちら▷

 

未経験でゲーム業界に転職するために必要な準備とは

だいふく
転職エージェントを使えば、未経験でもゲーム業界に転職できるんだよね!
その通り。非公開求人を紹介してもらうのが転職成功への一歩だよ
だいすけ

 

でも、それだけじゃだめだ
だいすけ
だいふく
なんだって…(´⊙ω⊙`)

 

難しい話じゃないんだけど、未経験でゲーム会社から内定を貰うには、転職活動をするにあたって大切な考え方があるから、簡単に紹介しておくね
だいすけ
だいふく
詳しく教えて!

 

転職だけでなく、新しく何かを始めるときは事前に情報を収集しますよね。

それと同じで、ゲーム業界への転職も、未経験であれ経験者どちらでも事前にしっかりと業界について最低限の知識を把握しておきましょう。

 

※掘り下げるとキリがないので、「これだけ分かればOK」な最低限のことだけ紹介しますね
だいすけ

 

ゲーム業界の職種は?

だいふく
ゲームクリエイターだよね!
そうだね。でも、厳密にいうとゲームクリエイターっていう職種はないんだよ
だいすけ

 

ゲームを作るためには、企画者、デザイナー、プログラマーなど様々な職種の人たちのスキルを合わせないと作れません。

 

よく言われている「ゲームクリエイター」というのはゲーム作りに携わる人たちの総称であって、大きく分類すると以下のような職種があります。

 

ゲーム業界の職種

  • プロデューサー
  • ディレクター / プランナー
  • プログラマー / エンジニア
  • デザイナー / イラストレーター
  • サウンドクリエイター
  • シナリオライター
  • デバッガー
  • 制作進行管理
  • マーケティング

 

だいふく
たくさんあるね!
現場だと、上の表よりもっと細かく職種が振り分けられるんだ
だいすけ

 

だいふく
ちなみに、だいすけはプランナーで未経験に飛び込んだっけ?
そうそう。考えることが好きだったからね
だいすけ

 

未経験であれば自分の職種はもちろん、他の職種もどういった仕事をしているのかをなんとなく把握しておきましょう!

 

分かりやすく解説

【職種別に紹介】ゲーム会社の仕事内容って具体的になんなの?

どうも、だいすけ(@apainidia)です!   友人や初対面の人によく「仕事何してるの?」って聞かれるんで ...

続きを見る

 

ゲーム業界にはどんな会社があるの?

だいふく
ゲーム会社って、PS4とかスマホのゲームを作ってるところだよね?
他にもアーケードゲームやPCゲームを作っている会社もあるよ!
だいすけ
大きく分類すると5つあるから、紹介するね
だいすけ

 

ゲーム業界の会社ジャンル

  • プラットフォーマー (本体)
  • コンシューマーゲーム
  • ソーシャルゲーム
  • アーケードゲーム
  • PC / ブラウザゲーム

 

だいふく
未経験で狙うならどのジャンルがおすすめ?
ソーシャルゲームが一番おすすめだね
だいすけ
ソーシャルゲームは未経験でも入りやすいし、その後のステップアップもやりやすいよ
だいすけ

 

基本的に、未経験でもっとも転職しやすいのはソーシャルゲーム業界です。

 

また、ソーシャルゲームでも業界に一度入ってしまえば、経験者としてコンシューマーやアーケード等の他のゲームジャンルにも挑戦することが可能です。

 

だいふく
ちなみに、いきなり任●堂とかのコンシューマーは難しい?
大手コンシューマーは難易度が高めかもしれないね。。
だいすけ

 

ただ、僕の知ってる人で未経験でスク●ニに入社した人がいるから、不可能ではないよ。ここはタイミング次第だね
だいすけ

 

仮に、いきなりは無理でも、キャリアを積めば大手コンシューマーでも働ける可能性は十分あるよ。

だからこそ、まずは業界に入ることから始めよう!

だいすけ

 

転職エージェントを使わないと、ゲーム業界未経験で内定は厳しい?

だいふく
エージェントを使わないと、本当にゲーム業界への転職は難しいの?
かなり難しいね。非公開求人に応募できる以外にも転職エージェントを使うべき理由は沢山あるから、詳しく説明するね
だいすけ
だいふく
よろしくむきゅ

 

未経験の場合は必ず転職エージェントを使って転職しましょう。(僕も使いました)

 

転職エージェントを使うと、

 

転職エージェントを使うメリット

  • 非公開求人に応募できる
  • 転職エージェントしか知らない、企業のマル秘情報を教えてくれる
  • 転職エージェントがあなたを企業にアピールしてくれる
  • 面接対策をしてくれる
  • 履歴書 / 職務経歴書の作成を手伝ってくれる
  • 年収交渉や条件の交渉なども全て行ってくれる

 

こういったメリットがあります。

 

しかも、登録も利用も完全無料です。

 

だいふく
面接が苦手だから、対策してくれるのは嬉しい!どんな対策をしてくれるんだろう?
エージェントによって対策方法は違うけれど、模擬面接をしてくれるところもあるよ
だいすけ

 

あと、企業の面接官がよく質問してくる内容を把握してるエージェントもあるから、本番の対策がしやすい!
だいすけ
だいふく
面接対策の本とかを読むより、よっぽど良さそうだね!完全無料っていうのも嬉しい!

 

転職で何よりも大切なことは、ゲームが好きな気持ち!

だいふく
ゲームするの大好き!
うん、その気持ちが何より大切だよ
だいすけ

 

ライトなゲーマーからドン引きするレベルのガチゲーマーもいますが、共通するのはゲームが好きだということ。

 

実際に僕も企業側として未経験者の採用に関わったことがありますが、やはりゲーム好きの人が多いですし、そういう人を採用したくなります。

 

だいふく
24時間ずっとゲームできるよ!
さすがにそれは寝ような…笑
だいすけ

 

\一番おすすめのエージェント/
Geekly公式サイトはこちら▷

 

【実経験】ゲーム業界へのおすすめ転職活動の手順

だいふく
エージェントに登録すればいいのは分かったけど、具体的にどういうふうに転職活動すればいいの?

 

転職活動のポイント

  1. どんなゲームを作りたいか決める
  2. 自己分析をして、自分の強みを把握しておく
  3. 転職エージェントに登録して、転職エージェントと面談を行う
  4. 転職エージェントをいくつか比較して、自分に合うエージェントを見つける
  5. 転職エージェントと相談しながら、求人応募や面接を進める

 

こんな感じだね。順に説明していくよ!
だいすけ

 

まずはどんなゲームを作りたいかを決める

まずは、あなたがもしゲームを作るとすると、どんなゲームを作りたいか、を考えておきましょう。

 

ゲーム会社での面接では、どんなゲームを作りたいか?を必ず聞かれる質問なのでできるだけ具体的に答えられるようにしておくのがベストです。

 

可能であれば専門職の場合は自分の作品、プランナー等の企画職の場合は企画書を用意しておくと尚良しですが、これは転職活動をしながら作れば大丈夫です。

※イラストやプログラミング作品は時間が掛かるので、早めに準備しておくことをおすすめします

 

プランナーの場合、企業によってはゲーム企画書の提出が必須だったりするよ
だいすけ
だいふく
ひえっ……そんなの作ったことないのに。。
形式に指定が無ければ自由に作って良いから、企画書を見た相手に面白さが伝わることを意識して作ってみて!
だいすけ

 

自己分析をして、自分の強みを把握しておく

新卒の頃の就職活動と同じように、転職活動でも自分の強みや弱みを理解しておくのは大事です。

 

履歴書の内容や面接に関わってくることなので、新卒の時にした人もそうでない人も、自己分析しておきましょう。

 

だいふく
自己分析って、どうやればいいの?
おすすめの自己分析ツールを紹介するね
だいすけ

 

おすすめの自己分析

  • リクナビNEXTの『グッドポイント診断』
  • MIIDASの『MIIDAS適性チェック』
  • dodaの『キャリアタイプ診断』

 

どれも完全無料だよ
だいすけ
だいふく
全部やらないといけないむきゅ?
どれか一つでOKだよ。

個人的には、グッドポイント診断かMIIDAS適性チェックがおすすめ!

だいすけ

 

リクナビNEXTのグッドポイント診断はこちら

MIIDASのMIIDAS適性チェックはこちら

 

転職エージェントに登録して、転職エージェントと面談を行う

転職エージェントに登録して、転職エージェントと面談を行いましょう。

※自己分析をする前にエージェントと面談をしてしまっても大丈夫です

 

人間っていうのはなかなかに怠惰な生き物なので、登録してしまったらできるだけ早い段階で転職エージェントに行って面談を行うことをおすすめします。

 

だいふく
忘れちゃうもんね…!笑

 

そして、僕のおすすめは複数の転職エージェントと面談をしてしまうこと。

 

転職活動では、自分と相性が良く、あなたが「このエージェントにだったらサポートをお願いしたいな」と思えるエージェントを見つけることが転職を成功させる大きなポイントです。

 

この人嫌だな…でもしょうがないか…的な状態では転職活動もなかなかうまく進まないので、複数の転職エージェントと面談して、自分に一番「良いな」と思った転職エージェントを選びましょう。

 

嫌いな人と転職活動はできないでしょ?
だいすけ
だいふく
確かに…!
会社によって細かい方針が違ったりするから、2~3社のエージェントとは面談しておこう
だいすけ

 

転職エージェントと相談しながら、求人応募や面接を進める

転職エージェントと面談したら、まずはそのまま転職活動を進めるか、一旦保留にするか考えましょう。

 

だいふく
エージェントと面談が終わった後って、必ず転職活動しないといけないの?
そんなことはないよ!
だいすけ

 

エージェントの話を聞いて、今は転職するべきじゃないな…と思ったら、きちんと伝えておきましょう。

(直接言い辛かったら、メールでも大丈夫!)

 

ただ、もしそのまま転職活動を続けることになったら、後はエージェントにお任せでOK。

エージェントとスケジュールを調整しつつ、気になる求人の応募や面接を進めて行って内定を勝ち取りましょう。

 

内定が出たら、年収交渉や入社時期などの調整もあるよ
だいすけ
だいふく
内定目指して頑張るむきゅ!

 

\一番おすすめのエージェント/
Geekly公式サイトはこちら▷

 

複数の転職エージェントを使うことがゲーム業界転職成功の近道

だいふく
ランキングで紹介してたエージェント、とりあえず1位に登録しておけばいいの?
僕のおすすめは、複数のエージェントに登録して、相性の良いところを使うってやり方だね
だいすけ

 

エージェントも人ですので、あなたとの相性もあります。

最終的には一つに絞る必要がありますが、相性の良いエージェントと出会うためには複数の転職エージェントを使ってみて、自分の好きなエージェントを選ぶのが内定への近道です。

 

基本的にエージェントは人当たりもよく、話もしやすい人が多いです。

ですが、会社によって方針も違ったりもしますので、幾つかのエージェントを比べてみて是非自分に合うところを見つけてみてください。

 

だいふく
比べればいいのは分かったけど、どうやって比べれば良いの?
やっぱり、実際に面談してみるのが一番だね
だいすけ

 

自分と合うエージェントを探すにはやはり実際に面談をしてみたあなたの感覚になります。

 

面談は少々手間かもしれませんが、最近は遠方の人にはweb面談を採用しているエージェントも増えてきており、気軽に面談ができるようになってきました。

 

採用の近道である相性の良いエージェントと出会うためにも、面談はマストと言えます。

 

転職意欲が高くない場合でも信頼できるエージェントを見つけて、いつでも転職できる状態にしておくのはかなり賢い転職方法ですね。

 

ゲーム業界、興味があれば一度はトライしてみよう!

だいふく
ゲーム好きだし、ゲーム業界で働いてみようかな!
仲間が増えるのは僕も嬉しいな
だいすけ

 

思ってるよりもゲーム業界への転職は簡単

だいふく
とは言っても、ゲーム業界で働いてみたいけどやっぱり未経験者には難しそう…
いやいや、未経験の人に厳しい条件をつけてしまうと、ただでさえ人手不足なのに、業界で人が枯渇してしまうよ!!笑
だいすけ

 

一時期のソーシャルゲームバブルが過ぎたとは言え、ゲーム業界はまだまだ人手不足。

新しいソーシャルゲームがどんどん増え、更にNintendo Switchによるインディーズソフトの普及で新しいゲームバブルが来るとも言われています。

 

 

そんな人が足りない今、ゲーム会社の多くは未経験の人に是非きてほしいと思っていますから、入りたいと思った今が転職のチャンスなのは間違いありません。

(超大手でも未経験求人を出すほどです)

 

だいふく
いつ働くの?今でしょ!
(ちょっと古いのは置いといて)なんにせよこの機会を逃さないようにしようね
だいすけ

 

ゲーム業界に未経験で入るなら、若ければ若いほど採用されやすい

だいふく
若いってどれぐらいのことを言うの?
若ければ若いほど良いから何とも言えないけど、20代は未経験でも採用されやすいんだ
だいすけ

 

これはゲーム業界に限った話ではありませんが、未経験の転職市場は若ければ若いほど採用されやすいです。

 

20代でも十分すぎるほど若いと言えますが、その中でも特に第二新卒の待遇は転職市場の中でも別格です。

 

第二新卒とは

新卒から就業3年未満の社会人のことで、大卒で言うと25歳。

 

だいふく
はやく動いたほうがいいってこと?
もちろん!
だいすけ

 

【ゲーム業界の転職】よくある質問まとめ

ゲーム業界の転職で実際によくある質問をまとめてみたよ
だいすけ

 

※もしこの他に質問があれば、お問い合わせページかツイッターDMでお気軽にお問い合わせください。

未経験でも本当にゲーム業界に転職できる?

可能です。

誰でも最初は未経験ですし、ゲーム業界で働いている人の経歴は本当に様々です。

ゲーム業界は異業種から転職してきた人もかなり多いので、少しでもゲーム作りに興味があるなら是非チャレンジしてみてください。

 

だいふく
だいすけも、元銀行員だもんね!
こう見えて、お堅い仕事してた時期もあったんだよ…w
だいすけ

 

地方や遠方でゲーム会社で転職できる?

可能ですが、ゲーム会社は基本的に東京と大阪に集中しているので、数がかなり絞られますね。。

 

とは言え、地方に会社が全く無いわけではありません。

その時に出ている求人にもよるので、転職サイトで確認するか、転職エージェントに確認してみてください。

 

まだ転職するか悩んでて、転職エージェントに話を聞くだけでも大丈夫?

転職に悩んでいるから、エージェントに行くか悩んでいる…という質問はかなり多いですね。

 

これは僕も気になって実際にエージェントに確認したんですが、

面談の段階では転職するか決まってない状態でも大丈夫とのこと。

(むしろ、転職するか悩んでいる段階でエージェントに来る人もかなり多いそう)

 

イメージとしては、転職するか悩んでいるからこそ、転職のプロであるエージェントに悩みを聞いてもらうのが良いと思います。

 

あなたがもし悩んでいる段階でエージェントを使おうか迷っている場合は気にせず話を聞いてしまいましょう。

エージェントが、あなたにとって最適なプランを一緒に考えてくれますよ。

 

ただし、いたずらで面談とかは迷惑が掛かるから、絶対ダメだよ
だいすけ
だいふく
(ギクっ……)

 

転職エージェントの場所が遠方で面談ができない…どうすればいい?

転職エージェントの多くは、直接面談するだけでなく、様々な方法で面談を行ってくれます。

  • 電話面談
  • skype面談
  • メールでのやり取り

などなど、最近は直接オフィスに行って話をしなくても大丈夫なエージェントが増えてきました。

 

もし直接オフィスで面談するのが難しい場合は、面談日程を決めるときに予め相談しておきましょう。

 

だいふく
だいすけもskype面談したことあるの?
あるある。僕も業界に入ったときは地方に住んでたから、エージェントとの面談はskype面談がメインだったよ
だいすけ

 

あと、企業の1次面接もskypeだったよ。笑
だいすけ
だいふく
それ、楽でいいむきゅ!笑

 

アルバイトからゲーム業界に転職するのはおすすめ?

ゲーム業界に入るのに、まずはデバッグのアルバイトから…という人もいます。

確かに、アルバイトであれば業界へ潜り込める確率は上がりますし、アルバイトでいいや…という人なら大丈夫です。

 

ですが、少しでも正社員として、あるいはデバッガー以外の仕事をしたいと思っているのなら最初からアルバイトを目指すのは勿体ないのでおすすめできません。

理由は…

 

  • デバッガーから他の業種にチェンジするのが難しい
  • アルバイトから正社員登用より、未経験求人に応募したほうが採用の確率が高くなる
  • エージェントが手伝ってくれるので、正社員も十分狙える

 

こんな感じです。

実際に僕も未経験だったので、デバッグのアルバイトから始めてゆくゆくは正社員になれたらいいかな…と思っていました。

 

が、せっかく転職エージェントが使えるなら最初から正社員狙いで突撃してみようと思った結果、なんとか内定を貰えました。

 

アルバイトで業界に潜り込むのは、最終手段にしておきましょう。

 

イラストレーターやエンジニアでも、転職エージェントは使うべき?

どの職種であっても、転職エージェントは使うべきです。

ですが、使うべき転職エージェントはしっかりと考えないといけません。

 

基本的にこの記事のランキングで紹介したエージェントは全ておすすめできるので、1位のGeeklyを使えば問題ありません。

 

ですが、あなたがエンジニアやイラストレーターなどの専門職を希望する場合は、Geeklyだけではなく、他のエージェントも必ず併用しましょう。

 

エンジニアならレバテックキャリア、イラストレーターやデザイナーならマイナビクリエイターを使うと、更に安定した転職活動を行うことができますよ。

 

ゲーム業界は転職回数が多いって本当?

これは人によりますが、他の業界に比べると、転職回数は多いです。

昔のコンシューマー開発会社の名残と言われていますが、1つのプロジェクトが終わったらチームを解散することが多かったため、そのタイミングで転職する人が昔は多かったと聞きます。

 

また、ソーシャルゲームが流行り始めたとき、コンシューマーから多くの人がソーシャルゲーム業界に移り、多くの人が転職を経験しています。

その時のイメージも業界全体に根付いているので、ゲーム業界は転職回数が多いと言われています。

 

ゲーム業界の転職エージェントランキングまとめ

ゲーム業界に転職すべきエージェントについて今回はランキング形式で紹介しました。

 

だいふく
ランキングをまとめたよ!

 

1位|Geekly

問答無用で全員におすすめ!

▶Geekly公式サイトはこちら

2位|レバテックキャリア

ソシャゲ会社目指すなら!

▶ワークポート公式サイトはこちら

3位|ワークポート

エンジニアにおすすめ!

▶レバテックキャリア公式サイトはこちら

4位|マイナビクリエイター

大手狙うなら!

▶マイナビクリエイター公式サイトはこちら

5位|doda

悩んでいるなら!

▶doda公式サイトはこちら

ココに注意

転職エージェントは、複数使って自分と相性の良いエージェントを使うこと!

 

ゲーム業界への転職は、一般的な転職方法とは少し異なるため、自分に合った転職エージェントを見つけることが成功の鍵になります。

ぜひ、自分にぴったりのエージェントを捜してみてくださいね。

-20代転職, ゲーム業界

Copyright© DAISUKISM , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.