ゲーム業界

【経験者が語る】ゲーム業界への転職は難しい?その理由と転職を成功させるためのポイントとは

ゲーム業界への転職が難しいと言われています。

筆者はゲーム業界で働いていますが、ゲーム業界の転職は確かに大変なことが多く、難しいと言われる理由が分かります。

今回は、なぜゲーム業界の転職は難しいと言われているのか、実際に難しいと言われている理由と、難しくても転職を成功させるための方法を紹介していきます。

ゲーム業界の転職が難しいと言われる理由

ゲーム業界の転職が難しいと言われているのは大きく3つの理由があります。

ゲーム業界の転職が難しい理由

  • 経験者採用が多い
  • 特殊なスキルを求められる
  • 転職活動も特殊
ひとつずつ確認していきます
筆者

経験者採用が多い

ゲーム業界は学歴や職歴など、一般的な転職活動で求められるポイントはそこまで重視されません。

スキルや関わってきたタイトルなどが重視されることが多く、そのため必然的に経験者採用が多くなり、未経験者や有名なタイトルへの参加経験がない方の転職難易度は難しくなります。

特殊なスキルを求められることが多い

エンジニア・デザイナーなど、特殊なスキルが求められることが多く、一般転職と比べると求められるスキルが多くなる傾向があります。

企画職は特殊なスキルを求めらない…ということもありますが、その分求められる基礎的な部分が高くなるので難しいと言えます。

転職活動も特殊

転職活動の方法も、一般的な転職活動の方法よりも難しいと言えます。

普通の転職活動の場合、履歴書と職務経歴書が必要になります。

しかしゲーム業界の転職には「ポートフォリオ」や「企画書」などが追加で必要になります。

また、そこから更に採用されるためにゲームプレイレポートなどを用意することもあります。事前に準備するものが多いのがゲーム業界の転職活動の特徴とも言えます。

【実体験】難しいゲーム業界への転職を成功させる秘訣

他の業界で転職活動をした経験のある友人に話を聞くと、やはり事前準備なども含め、ゲーム業界への転職は難易度が高いことは間違い無いようです。

実際、筆者は異業種からゲーム業界に転職しましたが、やはりゲーム業界への転職はかなり難しいと感じました。

しかし、未経験のときはやり方を工夫して1社目で内定、経験者としての転職の際も1社目で転職を成功させました。

ここからは、そんな筆者がどのように転職活動を行い、成功させたのかを紹介していきます。

ソーシャルゲームの運営会社を狙う

未経験の場合は、ソーシャルゲームの運営会社を狙いましょう。

ソーシャルゲームの運営は求められるスキルもOfficeソフトを使えれば最低限問題ありません。誰でも応募できる分倍率は高くなりますが、その中で抜きん出るような転職活動を行う必要があります。

デベロッパーを狙う

コンシューマーのデベロッパーは慢性的な人手不足になっており、一定のスキルさえあれば未経験者でも採用されるケースがあります。

どうしてもゲーム業界でコンシューマーゲームに携わりたいのであれば、大手パブリッシャーではなく中小デベロッパーを狙いましょう。

プラチナゲームズやトライエースなどの大手デベロッパーは大手パブリッシャーと変わりません
筆者

最初から大手への転職は難しい

ゲーム業界への転職を考える時、まず最初に思い浮かぶのはカプコンやスクウェア・エニックスといった有名なゲーム会社だと思います。

しかし、有名な企業は求められるスキルのレベルが高く、転職の難易度が跳ね上がります。

大手デベロッパーに転職したい場合は、中小企業で経験を詰んでから転職を検討するのがベターです。

特定の企業を目指す場合、その企業に強いエージェントを利用する

転職エージェントには、業界全体に強いエージェント、特定の企業に強いエージェント、というのが存在します。

特定の企業に強いエージェントとは、

  • 通過しやすい書類・採用されやすい面接のデータを持っている
  • 採用実績があるため、企業からの信頼も高い
  • 採用枠を持っている

といった、他のエージェントには無い強みを持っているエージェントのことです。

ゲーム業界では、こうした特定の企業と強いつながりを持つ転職エージェントが存在するので、転職の際は積極的に活用していきましょう。

これからゲーム業界を目指すときに必要な考え方とは?

ゲーム業界への転職が難しいと言われるのは、転職活動の方法が特殊なのに加え、他の業界とは違った特殊な考え方が必要になります。

ゲーム業界を目指すときに必要な考え方を紹介していきます。

様々なジャンルのゲームやエンタメコンテンツの知識

様々なジャンルのゲームの知識は元より、アニメ・漫画・映画など、あらゆるエンタメの知識が必要です。

ゲームを作りたいという気持ちではなく、人を楽しませるエンターテイメント作りがしたい、という気持ちを持つのがゲーム業界の転職の上で必要な考え方です。

マーケティング力

ゲームを作るスキルだけではなく、今のゲーム業界にはどの職種にもマーケティング能力が求められます。

  • どういったものが求められるのか
  • 今のトレンドはなんなのか
  • 今後売れるであろうコンテンツは何か

こういった考え方が世の中で面白いと言われているゲーム作りを支えています。

この考え方を根底に持つようにしましょう。

時代への適応力(新しい価値観を受け入れる柔軟性)

現在、自粛の影響でゲームだけでなくあらゆる娯楽の在り方が変化しています。

無観客でライブを行うアーティスト・音楽業界をはじめ、ゲーム業界も「楽しむ娯楽」から「繋がるコミュニケーションツール」に変化しています。

こういった変化に対応できる柔軟な考え方がゲーム業界で働く上で大切になります。

まとめ

今回は、ゲーム業界に転職するのが難しいと言われている理由、筆者はなぜ難しいと言われている転職を成功させたのか、その方法を紹介してきました。

結論は、ゲーム業界への転職は難しいと言われていますが、それは他の業界の転職活動の方法とは異なるためです。

ゲーム業界に転職を検討している方は正しい転職活動の方法を改めて確認しつつ、これから転職する上で必要な考え方も時代によって変わっていくので、その時代に合わせて常に面白いものを作れるようにアンテナを張った状態で転職活動に挑んでみてください。

    -ゲーム業界

    Copyright© DAISUKISM , 2021 All Rights Reserved.