20代転職

実際に第二新卒で転職したからこそ分かる、僕が感じた本当のメリットとデメリットとは

更新日:

どうも、だいすけ(@apainidia)です!

 

早速ですがみなさん、第二新卒って何かご存知ですか?

聞いたことある〜って人もいると思いますが、実際にどんなものなのかを詳しく知ってる人って少ないんじゃないでしょうか。

簡単に説明します!

第二新卒とは?

新卒で働いて、3年未満の状態の社会人のこと

 

第二新卒、つまり新卒で働いてみたけどもう一度特別枠として入社させてくれる…といった感じで、若手には嬉しい社会人枠のことです。

 

実際僕も第二新卒枠で金融業界からゲーム業界に転職したわけなんですが、今回の記事ではそんな第二転職の本当のメリットとデメリットを、

 

超個人的な経験談を踏まえてがっつり紹介していきます!

第二新卒の転職はメリットばかり。これが正直な感想です

 

メリットとデメリットを言う前に、実際第二新卒枠で転職活動をしてみて

僕が実際に感じたことをあなたに正直に伝えたいと思います!

 

僕は第二新卒枠で転職して良かったと胸を張って言えます!

まず、結論から先に言っちゃいましたが、僕は第二新卒枠で転職して良かったと思ってます。

その理由も幾つかあるんですが、

転職して良かった理由

自分のやりたいことができる

給料が一気に上がる(僕の場合手取り額が約1.5倍)

会社に第二新卒を受け入れる柔軟さがある

第二新卒で入社した同じような仲間ができた

比較的昇進しやすい(これは超個人的な考えですが)

などなど。

 

ぶっちゃけデメリットもあったんですが、人からデメリットと思われても僕からするとデメリットには感じないぐらいちっぽけなものだったので、転職してみて大正解でしたね。

石の上にも三年って僕は信じられない

僕は学生時代ずっと陸上競技部だったので、部活優先させて真面目に就職活動しなかったこともあるんですが、僕は小さい頃から結構なゲーマーで、ずっとゲームが好きだったんです。

 

僕の学生時代、思い返すと陸上競技とゲームぐらいしかパっと思いつくものがないぐらい。笑

 

大学生のとき、就活真っ最中の春は陸上競技のシーズン真っ最中。

 

学生最後のシーズンの試合はどれも大切なものばかりで

 

就活なんかより試合でいい結果を出すことばかり考えていた僕。

 

 

就職といえば、ゲームが好きだからなんとなくゲーム作りたいな〜って思ってたぐらいです。

 

適当な僕でしたが、そうは言ってもまわりは就活の話題でまっしぐら。

まわりが盛り上がってるからこそ、一応最低限の就活はしてました。でも、本当に最低限です。

 

ESの締め切り前日にいきなり書き始めて、締め切りギリギリに提出するぐらい適当。笑

 

そんな感じなので、ちょっと行きたかったゲーム会社に出したESもかなりお粗末なもの。

当然ESの段階で落ちます。笑

(大手ゲームメーカーって倍率えげつないんで)

 

が、それでも面接してくれる会社はチラホラあったんです。

 

ゲームメーカーって結構東京に多くてですね、当時は関西(兵庫)に住んでいたこともあって、お金も無いので夜行バスに乗って東京までいくわけですよ。

 

当時の僕、梅田から夜行バスに乗って朝一で東京駅について、しぶしぶ某森ビルとか某赤色の坂にあるビルとかに面接に向かいます。

 

でも、面接の内容も酷くてですね、東京で受けた面接では

「君とは一緒に仕事したくない」

って直接言われるような始末でしたw

 

当時はわざわざ来てやったのになんやねん!的な感じでイライラしてましたね。(そんな上から目線が見抜かれてただけなんですがw)

 

 

そんな就活がグダグダ続いて、

 

だいすけ
もう適当に決まったところに入ればいいや

 

ぐらいの考えになっていたので、実際新卒で入った銀行の仕事なんて全然やりたくなかったんですよ。

 

ちなみに、よく

 

今の仕事は本当はやりたいとは思ってなかったんですけど、やってみると天職でした!

 

って言う人いるじゃないですか。

 

僕、あんなの信じられません!笑

 

やりたくない仕事を続けてやりがいを見つけて天職にしたのは立派だと思いますが

 

そもそもやりたくない仕事を続けるなんて苦痛なので僕には無理ですw

 

 

よく、石の上にも三年…なんて言いますが、3年経つと第二新卒終わっちゃいますからねw

 

話が脱線しましたが、銀行の仕事をやりたくないとは言っても

部活を優先させたかったので就活を長引かせるつもりはなかったし

銀行って世間体が良いのでまぁ入ってもいいかな?ぐらいの軽い感じでした。

 

それと1番考えていたのは、仕事なんてどれも辛いものだと思ってたっていうのもありますね。

 

どこに行ってもしんどいんだろうな〜って感じです。

 

 

そんな風に適当な就職活動をしてたんで、実際に入ったあとは会社とのミスマッチが半端じゃ無く毎日辛かった。。笑

周りがやりがいに感じていることも全くやりがいに思えないし、いつ辞めようかな?ぐらいに考えてましたね。

 

【辛口】新卒で入った会社で、人間関係に悩んでいるあなたへ

えーと、結構厳しい意見かもしれませんが、よく人間関係に悩んでいて会社を辞めたがる人っていると思うんですよ。

例えばそれがもうパワハラとかセクハラとか、一線を超えてるようなものであれば今すぐそんな会社辞めるべきだと思うんですけど

  • ちょっと職場の人間関係に馴染めなくて…
  • 職場の先輩が怖い…

って言う人、これは転職してもおそらく同じような悩みで苦しむと思いますね。

 

 

人間関係って、もちろん関わる人によって心地良いか悪いか全然違うと思うんです。

思うんですけど、人間関係は自分が変われば改善することもあります。

 

 

人間関係に悩んでいて愚痴を言う人は、実際に自分が変わろうとしない、他人が自分に合わせて性格を改善してくれることを望んでいる。

 

言わば他力本願な人がほとんどなんですよね。

 

かなり厳しい意見かもしれませんが、実際に僕のまわりでも人間関係に悩んで転職をした友人が何人かいます。

 

ですが、そいつらはほぼ同じような悩みで今も愚痴ってますね。

 

愚痴を言わなくなった人は、新しい環境になって自分が変わらないといけないことがわかった人です。

 

まぁ、それを身をもって知るために転職してみるのもアリかもしれませんが、僕はオススメできません。

 

せっかく入った会社ですし、今の会社で自分を変える努力をしてみて、それでも無理だなと思ったら転職するといいと思います。

第二新卒は、新卒が羨ましいことも…

第二新卒は名前に新卒と入っていますが、本来の新卒とは全く違うものと思ってもらっていいです。

 

待遇が何から何まで違います。

 

 

基本的に、大手であればあるほど新卒を大事にする風習がありますし、ベンチャーでも新卒を採用するようなところは積極的に新卒を育成しようとします。

 

自分が新卒時代には気づかなかったことなんですが、実際に僕が新卒の枠から外れて、第三者の目線で新卒を見ていて感じることがあるんです。

 

 

正直、すげえ羨ましいんですよ。

 

 

だって、超過保護に育てられてるんですもん。

(過保護に育てるのにも理由があるんですけどね。今度記事にします)

 

新卒だから許されること、新卒だからできることって実はむちゃくちゃ多いです。

 

上司から可愛がってもらえるのも、人事から大切にされるのも、研修制度がしっかりしてるのも、新卒の特権です。

 

それが無くなると…やっぱりちょっと羨ましいですよね。

 

もっと過保護に育ててよ!って当時思ってましたw

第二新卒が転職するメリットとは?

第二新卒でが気になるけど、メリットが何か、ちょっと分かりにくい部分があると思います。

新卒で入った会社をすぐに辞めて別の会社にいく…これ、結構批判を食らうこともあるんですが、それでも僕はメリットがたくさんあると思うので是非参考にしてみてください^^

完璧な即戦力ではないので、安心して仕事に取り組める

第二新卒は、転職組と言えどもキャリアも実績もないことが多いです。

個人的な考えですが、1年目で全社営業成績TOP!とかじゃない限り、実績をアピールする必要性も薄いと思います。

 

普通の転職となると配属初日からバリバリ仕事をさせられることも多いと思うんですが、第二新卒だとそんなこともありません。

 

とは言いつつ企業は第二新卒でも即戦力となる人を求めているはずですし、即戦力になれればそれは最高だと思うんですが、第二新卒に求められているところはそこではありません。

 

完璧な即戦力が欲しければ第二新卒ではなく、キャリア経験のある30代や40代を採用しますからね。

 

第二新卒に求められているのは

新卒のような将来性と、育成コストがかからないという即戦力

っぷりです。

 

というわけで、第二新卒は半分新卒みたいなものなので焦る必要はないし、自分のペースで仕事ができます。

まだ若いので、ミスしてもわりと許してもらえる

これ、結構大きいんですよね。

 

仕事でミスしたらどうしよう…って思うことって結構あると思うんですよ。

 

確かにミスは未然に防げればベストですし、適当に仕事をした結果ミスするのであればそれはしっかり反省しないといけないと思います。

 

が、会社側からすると第二新卒はまだまだ若造なので新卒と同じ…とまでは行かないかもしれませんが、比較的甘めに見てもらえることが多いです。

(何度もいいますが、許してもらえるからといって適当に仕事をしちゃダメですよ!

第二新卒は、新卒に比べて、研修が少ない

これは人によってメリットデメリットが別れると思うんですけど、

 

僕、座学嫌いなんですよ。眠くなっちゃう💤

 

新卒時代に結構みっちり座学研修させられたんですが、もう眠くて眠くてしょうがない…

 

でも、第二新卒であれば比較的こういう研修は少ない会社が多いようです。

実際に僕が入社した会社も何度か企業理念みたいなものを説明させられたぐらいで

あとはもうOJT(実際に仕事をしながら指導してもらうスタイル)で仕事をさせてもらってましたね。

 

僕にとってはメリットなんですが

 

いやいや、座学で基礎をしっかり学んでこその実践でしょ!

 

って方にはちょっと辛いかもしれませんね。

 

新卒に比べて、やりたいことをやらせてもらえる

これは面接であらかじめ伝えておく必要があるんですが、新卒時代って実際にやりたいこととできることにブレがあって、なかなか自分のやりたいことをやらせてもらえないんですよね。

 

(実際僕も新卒時代、本当は法人営業がしたかったんですが、個人営業に回されて更にやる気が下がった経験あり)

 

でも、

だいすけ
やりたいことがあるから転職しました!

としっかり企業に伝えていると、ミスマッチが減ります。

 

 

ではmなぜ伝えるだけで第二新卒はやりたいことをやらせてもらえやすいのか?

これ、結構簡単な理由があります。

新卒:将来性を買われて就職

第二新卒:将来性を買われる+育成コストが低い戦力として就職

 

つまり、将来性を持たれつつ、即戦力になれる人材という期待のもと採用されるので、やりたいことをやらせてもらえるんです✨

 

実際面接してみると分かるんですが、採用する企業も、事前にここはしっかりとミスマッチのないようにすり合わせてきます。

 

新卒の面接の時より具体的な話がされます。

 

だからこそ、面接でしっかりとやりたいことを伝えられると行きたい場所にいけるはずです。

第二新卒の転職はメリットばかりじゃない!?デメリットってなに?

第二新卒の転職、メリットばかりに思えるかもしれませんが、デメリットだってもちろんあります。

 

メリットだけ見るのではなく、今いる会社を本当に離れるべきかどうか、しっかりと考えてほしいと思います!

「今辞めると勿体ない」と、まわりから言われる

周りの意見より大切なのはあなた自身の意志なんですが、それでも自分の考えが揺らぐぐらい強く反対されることが多いです。

 

特に大手や世間体の良い会社に新卒で入ってる場合だと、驚くぐらい言われると思います。

 

 

先輩、上司、親、友達…

 

実際僕も転職するってまわりに報告したとき、ほぼ全員から反対されました。笑

(なので、本当に転職したい場合、いちいち知り合い全員に言う必要ないですし、会社の人には絶対言わない方がいいです。信頼できる人にだけこっそり伝えましょう)

 

僕の場合なんですけど、銀行って1年目は給料が低いんですよ。でも、2.3年目から一気に給料が上がるシステムがあります。

 

そう考えると辞めるのは確かに勿体ないんですけど、給料が上がるのを待っていると自分の市場価値ってどんどん下がるんですよね。(第二新卒は新卒から3年未満のことなので)

 

 

石の上にも三年…僕は三年働いてもやりがいを感じられないだろうと思ったので、潔く辞めました。

 

ちなみに、会社から嫌われてるから大丈夫〜って思ってる人もいるかもしれませんが、甘いですよ。

 

会社は間違いなく反対してきます。

 

新卒を採用するために企業説明会を開いて、面接して、採用して、育成して…

実は、新卒の採用と育成コストはバカになりません。

 

言い方が悪いですが、あなたが1年目で辞めると企業に大損失を与えるのです。

 

だからといって転職活動をすることを躊躇しないでほしいんですが、ここで伝えたいのはそういう理由があるから企業は新卒をなかなか簡単に手放そうとしませんよってことです。

 

 

僕が辞める時も次長と支店長がわざわざ家に来たし、人事部長から直接電話が掛かってきたこともありました。

当時は囲い込みだと思って余計転職したくなったんですけど、今考えるとすごく過保護に守られてますね。

(ぶっちゃけ当時の自分がちょっとだけ羨ましいですw)

第二新卒は、会社からの扱いがちょっと雑になることも。

何度か触れましたが、会社は新卒に莫大な育成コストを掛けている&将来性を期待しているので、かなり過保護に育成する会社が多いです。(こればっかりは外に出てみないと実感できないんですが)

 

第二新卒には第二新卒のメリットがあるように、新卒にも新卒のメリットがあります。

 

第二新卒は育成コストが削減されているので、言葉選ばず言うと新卒時代に比べて放ったらかしにされてるような感覚になります。(実際はそんなことない)

 

自分から動く主体性がないと、最初はちょっと辛いかもしれませんね。

 

第二新卒はビジネスマナーが備わっていることが前提とされる

何度も言いますが、会社が第二新卒を採用するメリットの一つは、育成コストの削減です。

 

企業側からすると、

 

名刺交換、電話応対、敬語…こんなビジネスマナー、前職でしっかり叩き込まれてきてるよね?

 

ってスタンスであなたを迎え入れるので、最低限のビジネスマナーが分からないようでは会社側からするとちょっと残念に思われるかもしれませんね。

異業種転職であれば、前職の知識や経験が活かされないことも

僕の場合、新卒で入った銀行で営業をしていたので、転職先のゲーム業界は異業種中の異業種。しかも営業ではなく企画職なので、本当に何もわからない状態からスタートでした。

 

僕の話ですが、銀行ってすごい数の資格を取らされるんですが、ほとんど意味なし。使えないです。笑

今となっては

だいすけ
銀行業務検定?FP?宅建?そういえばそんなの受けたなぁ…(˘ω˘)

ぐらいの感覚です。今じゃもうどんな内容かもほとんど覚えてません。笑

 

こんな感じで、僕みたいに異業種に飛び込みたい人は今までの常識や知識が通用しないことがあります。

せっかく勉強してきたんだから、活かしたい!

って人は活かせる業界に行きましょう。

教育制度が整っていない可能性がある

第二新卒という考えが普及し始めたのはつい最近のお話。

なので、第二新卒向けの教育制度というものは存在しないと思ってもらった方がいいかもしれません。(とは言っても力を入れている企業もあるので、あるとラッキーぐらい)

だからこそ、第二新卒には分からないところを分かろうとする積極性、自主性みたいなのが求められますし、とても重要になってきます。

 

ここで、勘がよければ

だいすけ
自主性って言っても、具体的にどういう風に仕事覚えるの?

っていう疑問が出ると思います。

 

 

業界にもよりますが、基本的に転職組の仕事の覚え方はOJTが多いです。

OJT(On-the-Job Training、オン・ザ・ジョブ・トレーニング)または現任訓練(げんにんくんれん)とは、職場で実務をさせることで行う従業員の職業教育のこと。 企業内で行われるトレーニング手法、企業内教育手法の一種である。

wikipediaから引用

簡単に言うと、マニュアルがないので直接人から仕事を教えてもらうわけです。

 

OJTって本当、教えてくれる人によって神制度になるかゴミ制度になるかが別れる結構ギャンブルチックな育成方法なんですよね。

 

 

例えば、OJTにつく人が教え上手なら大丈夫。あなたはラッキーです✨

それなら何も言うことはないんですが…

 

  • 仕事はできるけど教えるのが苦手
  • 仕事ができるように見えるけど実はできない人

みたいな人に教えてもらうことになったらもうそれは最悪です。。

 

 

ちなみに僕をOJTしてくれた先輩は、仕事ができるように見えるけど実はできなくて、教えるのがすごく下手な人だったので本当に辛かったです。

 

多分、ストレスで6kgぐらい痩せたんじゃないかなと思います(でも、そのおかげで自主性が強くなって成長できたし、早めに部下を持てたので、今考えると結果オ−ライなんですけどね)

 

 

すごいデメリットに感じますが

 

あなたが第二新卒で転職しようという自主性があるぐらいならここは問題ない

 

と思います。

第二新卒の転職で僕がお世話になった人

就職活動って一人だと本当に難しいですよね。

 

学生の頃の就職活動をした人なら経験あると思いますが、

  • お互い励まし合う仲間
  • アドバイスをくれる先輩
  • 実際に会社で働いてる人からの意見

などなど。

 

色んな人から助けてもらったことを思い出してみてください。

 

 

その人たちの支えやアドバイスがない状態で、あなたは就職できたでしょうか?

 

おそらく、難しいと思います。

 

本当に、人って支え合ってなんぼだと思います。

 

と、いうようにちょっと良いことが言えた辺りで、実際に僕が転職したときにお世話になった人がどういう人かを紹介できればと思います。

 

精神的な支えは、新卒時代の仲間

新卒で入った銀行の同期で、休みの日は遊びに行くぐらい仲良くしてくれている仲間がいるんですけど、僕はそいつにずっと相談してましたね。

 

そいつも転職したがってたのもあると思うんですけど、僕の行動にすごく賛同してくれてて、本当に励みになりました。

 

会社の人に言う必要はないんですが、もしあなたが転職活動したいのなら、僕みたいに同じ意見を持つ人がそばにいると精神的にすごく助かります。

親に言うか言わないかは、あなた次第

実は僕、転職することを親には黙ってて、内定が決まってから事後報告しました。

 

それには理由があって、銀行に入ったことをすごく喜んでくれていたし、なんだかガッカリさせてしまうのが申し訳なかったんですよね。

 

今でもまだ覚えてるんですけど、尼崎のガストで昼飯食べながら親に報告したときは本当に驚かれましたw

 

もともとうちの親は僕のやりたいことを応援してくれるタイプだったんで、反対もされずにすんなりOKもらえました。(ただし、兵庫から上京しないといけなかったので、そこは驚かれましたがw)

 

 

僕は言えませんでしたが、絶対言ってはダメ!ってことはないし、むしろ応援してくれるならすぐに相談してみるといいかもしれません。

 

二人三脚!第二新卒を転職させるプロとは?

僕の当時の心境なんですけど

 

第二新卒って興味はあるけれど、どういう風に活動すれば内定が出るのか右も左も分からない

 

んですよ。

 

あなたも新卒時代に大手サイトを使って就職活動をしたと思うんですけど、同じように活動していいのか正直僕は不安でした。

 

結論から言うと、一応大きい転職サイトに登録するだけしましたけど僕は実際にあんまり使わなかったなぁと思います。

活動しながら気づきましたが、行きたいところに行くには

新卒の就職活動のやり方、普通の転職活動のやり方、どちらでもダメなんです。

 

第二新卒の転職は、第二新卒のやり方があります。だから、第二新卒のプロに聞くのが1番です。

 

何事もプロに聞くのが1番〜ということで、僕は特化型のエージェントを使って就職活動をしました。

エージェント、つまり自分の担当者が徹底的に就職活動をサポートしてくれるので、マジで助かります。

 

というか、エージェントに手伝ってもらわないと僕みたいな適当人間は転職するのがすごく難しいと思います…本当に感謝してます。

 

あなたも、もし気になるなら第二新卒のプロに相談してみるのもいいかもしれません。

 

登録やら面談は無料なので、話を聞くだけでも今後の参考になるはずです。

 

合わせて読みたい

第二新卒で転職した僕がおすすめする、本当に役に立つ転職サイトとエージェントをランキングで紹介!

どうも、だいすけ(@apainidia)です!   いきなりなんですけど、僕は新卒で入った会社を1年半で退職し、第二新卒枠で転職しました。   今だからケロっと言えますけど、実際転 ...

続きを見る

第二新卒の転職はメリットばかりです!デメリットなんて些細なもの。

 

長々と体験談を語ってしまいましたが、簡単にまとめると

第二新卒の転職活動とは

  • 第二新卒とは、就職してから3年未満のこと。市場価値は高め。
  • 第二新卒は、新卒の良さと、キャリア組それぞれの良さを備え持つ。
  • つまり第二新卒は無敵。
  • メリットだらけ。デメリットは人によっては気になるかも?ぐらい。
  • 主体性がある人なら転職先でも活躍できる
  • 転職活動は新卒の就活より難易度が高め(超個人的な考え)

こんな感じです。

 

あなたがもし現状に不満があるなら、第二新卒枠を狙った転職活動をしてみてもいいと思います!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。だいすけ(@apainidia)でした!

-20代転職

Copyright© DAISUKISM , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.